フォト

Profile

  • 医師・イシハラクリニック副院長。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Photo: Osamu Hoshikawa

« うつ病になる一歩手前の症状は? | トップページ | 夏の冷え性と女性ホルモンの関係とは? 冷え性の種類と改善法 »

2019年7月24日 (水)

現代人の夏バテは「冷えバテ」!!

みなさん、こんにちは!

いよいよ、梅雨が明けてこれから暑くなってきますね!!熱中症にも気を付けてくださいね!!

ただ気をつけていただきたいのは、夏冷え!!夏は意外に、体が冷えるんです。秋冬は外が寒いので、着こんだり温かいものを飲んだりと自然に寒さ対策をしていますが、夏は外が暑いから、どうしても薄着になってしまいますよね。

だけど、電車やオフィス、デパートなどどこでも冷房が効いています。さらに、外が暑いからと、冷たい飲みものや食べ物を口にすることが多いです。この薄着、冷房、冷たいもので、トリプルに内臓が冷えてしまっているんです。

昔クーラーがなかった時の夏バテは、暑くて!暑くて!、それで食欲が落ちたり、眠れないことが続いて夏バテになっていました。今は、内臓冷えによる食欲不振、胃もたれ、便秘、下痢、生理痛・生理不順、むくみ、不眠などが起こっているのです。外は暑いけど、中は寒い・・・この違う2つの環境にうまく対策していくとよいです。

外にしばらくいるときは、薄着で冷たいものをとってもいいですが、クーラーの効いた場所に長時間いるときは、カーディガン、ひざ掛け、温かいものをとるなどして調節するといいですね!

寝るときも、ヘタにクーラーをタイマーなどにしておくと、途中で暑くなって、起きてまたクーラーをかけて・・・といったように、良い睡眠がとれないので、私は、寝るときも温度27度、28度くらいにクーラーをかけて、春秋用の長袖長ズボンのパジャマを着て、春秋用の掛布団をかけて寝るのがよいと思っています。良い睡眠をとることも夏バテ予防になりますので。

とにかく、夏は内臓が冷える!!内臓冷えが、今の夏バテ!!だということを忘れずに、対策をしてくださいね!!

 

« うつ病になる一歩手前の症状は? | トップページ | 夏の冷え性と女性ホルモンの関係とは? 冷え性の種類と改善法 »

Contact