フォト

Profile

  • 医師・イシハラクリニック副院長。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

Photo: Osamu Hoshikawa

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月19日 (火)

梅雨や台風の前の不調の原因は「水」!

みなさん、こんにちは!
最近、よく言われるようになった「低気圧女子」という言葉がありますね!気圧や気温の変化に体がついていけず、自律神経が乱れることが原因で様々な不調をきたします。
女性は生理や更年期などホルモンの影響も受けて不調が出やすい傾向にあります。

やはり、女子とつくだけに圧倒的に女性に多いですね。
私のクリニックにも、梅雨の時期や台風の時期に不調を訴えていらっしゃる方が増えます。患者さんに多い症状は、めまい、たちくらみ、頭痛、耳がつまった感じ、だるい、むくみなどです。

西洋医学では自律神経の乱れが大きな原因と考えられていますが、漢方では「水毒」が原因と考えます。ただ漢方では、自律神経が乱れる原因は「冷え」や「水毒」と考えるので、結局は西洋医学ともつながります。

湿気の多い梅雨時や台風がくる時、雨の日は、どうしても体から水分の排泄が悪くなってしまいます。普段、私たちは皮膚から水分を蒸発させたり、吐く息からも水分を出しているのですが、空気中に水分が多いと体から十分にでていかず、余分な水分が体に溜まって、様々な不調をきたすのです。水も毒になる!という考え方、水毒です!

でも対策は意外に簡単です!水分がうまく出ていかないのが原因なので、運動や半身浴、サウナ、岩盤浴などで汗を出すと予防・改善につながります。あとは、必要以上にガバガバ水分を摂りすぎないこともポイントです!

「あ!台風がくる!」「明日、雨だ!」というときに汗かくことをしてみてください!水毒のつらい症状を回避できると思います。それから、市販の漢方薬を飲むなら、五苓散(ゴレイサン)がいいです。

五苓散は血行をよくして余分な水分を排泄する働きがあります。五苓散を飲みながら、ガバガバ水分を摂っていたらプラスマイナスゼロですので水分の摂りすぎには気をつけてくださいね!

2018年6月13日 (水)

アレルギーなし&頭のいい子!妊娠中にすべきこと

みなさん、こんにちは。

ママは誰もが子供の健康を考えていますよね!

赤ちゃんが生まれてくるまでは実感がわかないと思いますが、子育ては妊娠中から始まっているのです!

ママが食べたもので赤ちゃんの体は作られますし、ママの食生活、運動習慣が赤ちゃんのアレルギー体質やIQと深く関係していることをぜひ知っていただきたいです。

いくつかの論文の結果をまとめると(論文は下記にあります)

妊娠中:子供のアレルギーの発症を少なくするために、またIQに高い子供にするために

・野菜や果物を多く食べる(りんごを週に4個以上)
・魚を週に4~5回(魚1切れ約70gとして計算)
・発酵食品を摂る(ママの腸内環境をよくする)
・糖分の過剰摂取はNG
・過度なストレス・強い不安NG
・急激な体重増加NG
・最低、週3回30分の有酸素運動

妊娠中の運動はママの体重増加を予防したり、腰の痛みを軽減したり、妊娠糖尿病・妊娠高血圧を予防するのはもちろんですが、お腹の中で赤ちゃんが揺れる刺激が赤ちゃんの脳を刺激して脳の発達を促すことが分かっています。

さらに子供は5歳になった時のIQと言語能力が運動をしなかったママから生まれた子供に比べて高いという結果がでています。

でもでも…よく見てください!野菜、魚、発酵食品、運動… 結局はママの体に良いことは赤ちゃんにも良い!ということですよね?基本はみな同じです!自分のためにも、赤ちゃんのためにも健康的な生活をつづけていってくださいね!

Maternal food consumption during pregnancy and asthma, respiratory and atopic symptoms in 5-year-old children (Thorax, March 27, 2007)

Fish Oil–Derived Fatty Acids in Pregnancy and Wheeze and Asthma in Offspring (The New England Journal of Medicine, December 29, 2016)

Maternal intake of sugar during pregnancy and childhood respiratory and atopic outcomes (European Respiratory Journal, July 5, 2017)

Effects Of Exercise During Human Pregnancy On The Newborn's Brain (MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE, May 1, 2012)
著書 Exercising Through Your Pregnancy

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

Contact