フォト

Profile

  • 医師・イシハラクリニック副院長。
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Photo: Osamu Hoshikawa

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

水も溜まれば、太る!

みなさん、こんにちは!

水は、0カロリーだから、いくら飲んでも太らない!と思っていませんか?「水太り」という言葉があるように、水も体に溜まれば、重さとなります。

体重の約60%は、水です。「太った」ということは、「水が増えた」とも言えるのです。

明らかに暴飲暴食が続いた場合は、脂肪もついて太るのでしょうが、2、3日の体重変動は、水が関係していることの方が多いです。

西洋医学は、科学から発展した学問なので、どうしても「1+1=2」という考えのもと、飲んだ水分は、尿や便、皮膚、呼気などから出ていくと考えます。東洋医学は逆で、水は体に溜まるもの、水が溜まって悪さをする「水毒」という考え方があります。

私達はロボットではないので、飲んだ水分が全部、使われるとは限らないのです。目に見えて分かるのは、「むくみ」。足がむくむと、太くなりますね。これが全身の細胞と細胞の間、袋やくぼみになっている場所に溜まってくれば、重くなる=太るのです。

人によって、必要な水分量は違います。その人の体温、代謝量、筋肉量、運動量によっても違ってきますし、その日の気温、湿度などによっても変わってきます。

では、どれくらい飲めばいいのか?正解は、「喉が乾いたら、乾いた分だけ」!本能のままに、体の声に聞く!が大切です。

蒸し暑い場所での運動や作業をする場合は、こまめな水分と塩分補給が必要ですが、涼しいクーラーの中でデスクワークしているような場合は、むやみに水分を摂る必要はなく、普通に過ごしていて大丈夫です。

汗や尿で、余分な水を排泄するように、運動、サウナ、岩盤浴などで汗をかき、腹巻き、生姜紅茶で尿の出をよくしてみてください。水太りの人は、2~3キロはスッと、落ちますよ!

2015年5月12日 (火)

酢玉ねぎパワー!

みなさん、こんにちは。

今日は、酢玉ねぎをご紹介したいと思います。先日、英和出版社さんの「酢玉ねぎのレシピ本」の取材協力をさせていただきました。

私のオススメは、黒酢と蜂蜜に紫玉ねぎを漬ける方法です!

あれ???お酢は「体を冷すんじゃないの?」と思われた方、その通りです!

漢方的には、酢は体を冷すのですが、黒酢は酢の中でも、体を冷やさない中間寄りですし、蜂蜜も玉ねぎも体を温める陽性食材なので、お酢をごくごく飲むのと違って、酢玉ねぎをお料理にちょこっと使うくらいならば、体を冷す心配はありません。

酢玉ねぎは色々な使い方ができますので、便利ですよ!サラダやお肉にかけて食べたりできます。

酢玉ねぎの効能

・血圧を下げる
・動脈硬化を防ぐ
・血糖値を下げる
・ダイエット
・血液サラサラ
・コレステロール下げる
・骨粗しょう症の予防
・免疫力アップ
・疲労回復
・腸内環境を改善
・老化防止
・抗アレルギー作用
などなど

生姜はもちろんですが、玉ねぎも素晴らしい効果がたくさんあります。生の玉ねぎを食べるが苦手な方は、ぜひ試してみてください。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

Contact