« 日本テレビ系列「世界若返りツアーinシンガポール」出演! | トップページ | 日本テレビ「スクール革命!」出演! »

2014年8月21日 (木)

私の子育て~「食」について~

みなさん、こんにちは。

今日は、日頃、患者さんから聞かれることが多い、私たち家族の普段の食生活について書きたいと思います。

まずはじめに言いたいのは、「子供の健康は親にかかっている!」です。

私は、お肉もタマゴも乳製品も大好きなのですが、長年の動物性脂肪の摂り過ぎが、様々な病気の原因になると思っているので、家では、なるべく動物性のものは食べないようにしています。

その代わり、たまに外食をする時は、好きなものを食べて楽しんでいます。子供たちにも同じようにさせています。

ちなみに、焼肉をたべるのは、1年に1~2回くらい。ハンバーガーなどのファストフードは、子供たちがどうしても欲しいおまけなどがある時だけ行きますが、2ヶ月に1度くらいです。

その他、レストランなどで外食する時は、好きなものを注文しますが、外食自体、2~3週間に1回あるかないかですし、お寿司やさんに行くことが多いです。

こうして時々、好きなものを楽しむために普段は、我が家には一切、牛乳、バター、マーガリン、マヨネーズ、白砂糖は置いてありません。

タマゴ料理は多くても、2週間に1回あるかないか。また家では、牛肉、豚肉はほとんど食べません。食べるとしたら、鶏肉ですが、鶏肉も週に1回あるかないかです。

家の夕食は、基本的に「ザ・日本の朝食」のようなメニューです。
必ず、納豆、味噌汁(具はワカメ、玉ねぎ、豆腐が多い)、生姜の味噌漬け、キムチ、玄米(子供たちが食べやすいように白米を半分混ぜて炊いたもの)で、そこに、焼き魚、または煮魚、野菜炒め、かぼちゃ、さつまいもなどが日替わり。冬は、野菜中心の鍋が多いです。

子供たちには、ほうじ茶かウーロン茶を飲ませています。(麦茶、緑茶、水は体を冷やすので飲ませていません。)ココアをつくる時は、黒砂糖と豆乳を入れます。

私は、昼食を摂らないことの方が多いのですが、子供たちが家で昼食をとる時は、必ず、お蕎麦です。子供のお弁当には、梅干し玄米おにぎり、おかずは鮭、たらこ、野菜などです。

朝食ですが、私と夫は、朝、人参りんごジュースのみ(ジューサーでつくる)。子供たちは、必ず、人参りんごジュースを飲んでから、玄米おにぎり(白米と半々で炊いた) または、時々、玄米パン(蜂蜜のみを塗ったもの)そして、必ず、味噌汁です。

子供たちには、「え~、また魚~っ!」と嫌がれますが、「嫌なら、夕食を食べなくていい!」と言うと、お腹を空かせているので、結局ペロッと食べます。お魚があるだけ贅沢です!

何でも栄養価の高いものが手に入る飽食の時代だからこそ、いかに普段から粗食を心がけて、病気を予防することが大切なのです。

そして、声を大にして言いたいのは、「子供の健康は、親にかかっている!」ということ。

私の勤務するクリニックには、20代、30代のがんの患者さんもいらっしゃいます。40代のがんは少なくないので、びっくりしませんが、40代だとまだお子さんが小学生くらいで小さいですよね。小さな子供を置いて亡くなることも、とても辛いですし、自分よりも先に子供が亡くなることも、とても辛いことだと思います。

健康は、食べ物、運動など毎日の習慣の積み重ねで得られるものです。それを子供に教えることも、とても大切なこと。

家では、なるべく動物性のものを減らした和食中心にする!などと決めてしまうと楽ですよ!

子供たちの将来をぜひ守ってあげてくださいね!




« 日本テレビ系列「世界若返りツアーinシンガポール」出演! | トップページ | 日本テレビ「スクール革命!」出演! »

Contact