2017年7月20日 (木)

食中毒ではない急性胃腸炎には、漢方と梅醤番茶を!

みなさん、こんにちは!

暑いこの時期、胃腸炎になる人が増えますね!患者さんには、変なものを食べた訳でもないのに…と言われます。

その前に一般的な話ですが、食中毒になりやすいのは、生・半生の鶏肉やひき肉(ハンバーグやメンチカツなど)です。私も昔、牡蠣にあたって、半日便器を抱えた経験があるので、食中毒の恐ろしさはよくわかっています。本当につらいですから、よく火を通して食べてくださいね!

それから、魚の内臓にいるアニサキスという寄生虫も食中毒の原因の一つです。魚を一匹丸ごと買った場合は、すぐに内臓を取り除くこと。ただし新鮮な魚でないと、魚の内臓からアニサキスが身に移動している場合がありますので、生で食べるのは避けた方がよいです。新鮮かどうかわからなければ、魚を冷凍または加熱すれば、アニサキスは死にますので大丈夫です。

上記のように、生ものを食べた訳ではないのに、胃腸炎になることはよくあります。

・冷房などでお腹が冷えた時(プールに長時間いた時やお腹を出して寝てしまった時も)
・屋外にいて大量に水分を取った時
・ビールをたくさん飲んだ時
・水分を飲んでも、あまり尿が出ないとき

冷房やプールなどで直接お腹が冷えたり、水分を摂りすぎて胃腸が冷えてしまうと、体は、嘔吐・下痢で、体を冷やしている水分を捨てようとします。水は、冷却水という言葉があるように、体を冷やす働きがあります。体温よりも温かい水分でないと、水分は熱を奪いますね。体に熱を奪う水分があると、体は冷えてしまいますので、冷えた時、水分を摂りすぎた時、嘔吐・下痢で冷却水を捨てているのです。

体としては正しい反応をしているのに、吐き気止め、下痢止めを飲むとなかなかスッキリとよくなりません。(食中毒の時も吐き気止め、下痢止めを使うのはNGです!ウイルスや細菌、毒素、寄生虫などを頑張って体の外に捨てようとしているのにその反応を止めてしまったら危険です)

嘔吐・下痢で、ミネラルを含む腸液が排出されるので、そうゆうときは、水ではなく、スポーツ飲料やみそ汁など塩分やミネラルが入っているものを飲むとよいです。

胃腸炎になったら、
・腹巻きをする(カイロを貼ってもよい)
・濃い目のみそ汁や 梅醤番茶をのむ
・無理して食べない(嘔吐・下痢が落ち着くまで)
・生姜湯もオススメ
・漢方を飲むなら、115番の胃苓湯(いれいとう)または、17番の五苓散と60番の桂枝加芍薬湯を合わせて飲む。

★梅醤番茶の作り方
番茶に種を取り除いた梅干しと大さじ1杯の醤油、すりおろし生姜を入れるだけ。
これを1日3回くらい飲む。胃痛、腹痛、嘔吐、下痢に効果があります。

とにかく、日ごろからお腹を冷やさないことが大切です。腸は最大の免疫器官で、全身のリンパ球の6~7割は腸に存在しています。お腹を冷やすということは、免疫力を下げるということになりますので!!!

2017年7月18日 (火)

日本テレビ系列「ZIP!」出演

みなさんこんにちは!

お知らせです。

明後日7月20日(水)朝5:50 ~ 8:00放送の日本テレビ系列「ZIP!」にVTR出演します。
今回は就寝中の扇風機の使い方についてお話します。


お時間のある方は是非ご覧ください!

2017年7月 4日 (火)

寝ているとき冷房OK?

みなさんこんばんは。

患者さんからも取材でも、よく聞かれるので私の考えを書きたいと思います。

取材では「夏が一番冷える!」と夏冷えについてよくお話をさせていただいています。

夏は、どうしても薄着、どこでも冷房が効いていて寒い、そして外は暑いので冷たいものを沢山飲んでしまいますね。なので、夏は冬に比べて内臓が冷えてしまい様々な不調を招いてしまいます。

腹巻き、ストール、カーディガン、ひざ掛けなどで冷えないようにすることはとても大切なのですが、寝ているときに冷房なし!というは、キツイですよね。

冷房なし!で頑張ってみても、暑くて寝苦しいですし、タイマーで数時間後に冷房が切れるように設定すると、切れた途端に寝苦しくて起きてしまって、結局冷房をつけることになりますよね。しかも冷房なし!と決めたから、タンクトップに短パンのような格好で寝ているので冷房をつけると今後は冷えてしまって…結局、質の良い睡眠がとれず、次の日がだるい…という悪循環に陥ってしまいます。

だから、私は冷房をつけて寝る!と決めて、温かい格好で寝ます。長袖、長ズボン、腹巻き、そして掛布団も春秋用のものを使います。そうすると、快適に寝れますし、体は冷えません。

子供たちには、腹巻き、長袖、長ズボンのパジャマを着させて、小学生でも着れるスリーパーを着せて寝かせてます。そうすると、布団を蹴っ飛ばしていても寒いんじゃないかな!と私が夜中に何回も起きなくて済みます、笑

とくに都市部のマンションだと、とても冷房がないと寝れないですが、もし窓を開ければ風が通るお部屋で扇風機をうまく使えば寝苦しくなく眠れそうな方は冷房なしでよいと思います。

寝苦しくなく、質の良い睡眠がとれれば良いので、その環境に合わせて冷えないようにしてくださいね!冷房なしで快適に寝れる方は、タンクトップ、半ズボン、タオルケットで冷えないと思います。

とにかく、いつどんな時も冷やさないことが大切ですので、冷房を使うなら温かい格好をしてくださいね!

テレビ東京放送「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」出演

みなさんおはようございます!

お知らせです。

明日7月5日(水)夜6:55から放送のテレビ東京「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」にVTR出演します。
今回は乗り物酔いに効く飲み物についてお話します!



お時間のある方は是非ご覧ください!

2017年6月30日 (金)

毎日放送「サタデープラス」出演

みなさんこんにちは!

お知らせです。

明日7月1日(土)朝8:00~9:25放送の毎日放送「サタデープラス」にVTR出演します。
今回はむくみについてお話します!



お時間のある方は是非ご覧ください!

2017年6月29日 (木)

「はちみつレモン酢でやせる! ずっと健康! 」出版

みなさん、こんにちは。

本日6月29日、主婦の友社さんよりムック本


が出版されました!

レモンにはちみつを加えることで、整腸作用、抗酸化作用などの健康効果が加わり、より健康・美容効果が期待できます。

皆さんぜひ読んでみてください!

2017年6月27日 (火)

テレビ東京放送「よじごじDays」出演

みなさんこんにちは。

お知らせです。

明後日6月29日(木)15:55 から放送のテレビ東京「よじごじDays」に生出演します。



お時間のある方は是非ご覧ください!

2017年6月22日 (木)

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治し方

みなさん、こんにちは!

今日は、アトピー性皮膚炎について書きたいと思います。

西洋医学では、アトピー性皮膚炎、乾癬、湿疹、じんま疹、水疱などは、それぞれ違うものと診断しますが、治療となるとステロイドをはじめ免疫を抑える軟膏や飲み薬が多く対症療法が主となります。

皮膚疾患はかゆみを伴うので、ついついステロイドなどの炎症を抑える薬を使いたくなりますね。

でもちょっと違う角度から考えてみてください!なぜ皮膚に炎症が起こるのか?

漢方ではどんな皮膚疾患も見た目(表現型)が違うだけで、体の中から老廃物や余分な水分を捨てようとする反応だから、同じと考えます。つまり、皮膚から解毒していると考えるのです。

チョコレートを食べ過ぎた時は、ニキビができますね。便秘をしているときは、吹き出物ができますね。カニやエビを食べると、じんま疹がでる人がいますね。

余分な栄養や老廃物、体に合わない物質で血液が汚れると、体は皮膚から捨てようとするのです。大腸、腎臓、肺につづいて、皮膚も立派な排泄臓器だからです。

一時的にひどくなっているときは、ステロイドを使うことも仕方ない時がありますが、抑え込むだけで根本的には治らないので、根本的に治すには、やはり「血液をキレイにすること」だと思います。

・食べ過ぎない(1日2食以下、和食中心)
・のどが渇いていないのにガブガブ水分は摂らない(のどが渇いた分だけ飲む)
・便秘をしない(最低でも2日1回は便がでるように緩下剤を使ってOK)
・筋肉をつけて基礎体温を上げる(体温が上がると代謝が上がり老廃物の排泄がよくなる)

それから、大事なのが「思いっきり汗をだす」こと

皮膚疾患がある方は分かると思いますが、中途半端に体が温まったり、中途半端に汗をかくとかゆみが増してしまうのですが、サウナや岩盤浴のようにドバーーーっと汗をかくと、皮膚の下でぐじゅぐじゅと溜まって炎症の原因になっていた老廃物や余分な水分が汗で一気に押し出されるので、思いっきり汗をかいたあとは、かゆみが落ち着いて、皮膚の状態もよくなります。(個人差ありますが)

ですので、上記の生活は頑張って続けつつ、ドバーッと汗をかくことを最低でも週に3回できるとよいと思います。

皮膚疾患は、治療が本当に難しいですし、かゆみが強いと眠れなかったりと患者さんの精神的負担も大きいです。

今までと考え方を変えてみて、ぜひやってみてください!!
ただ内服薬や塗り薬を一気に中断してしまうと、悪化してしまうので勝手にやめないでくださいね。

しばらくは、お薬と生活を同時進行でやっていって、良くなってきたらお薬を少しづつやめていくようにするとよいです。

*好転反応:食事や生活を変えると、まれに一時的に症状が悪化することがあります。例えばアトピー性皮膚炎が悪くなる場合があります。しかし、それは好転反応といって、皮膚から排泄する力がついて体に溜まっていた老廃物を押し出しているためです。一時的につらいかもしれませんが、出切ってしまうと治まってきます。

2017年6月 9日 (金)

テレビ朝日系列放送「林修の今でしょ!講座」出演

みなさんこんにちは。

お知らせです。

明日、6月10日(土)10:00~11:40テレビ朝日系列で再放送される「林修の今でしょ!講座」の「夏野菜講座」のコーナーにVTR出演します。


お時間のある方は是非ご覧ください!

2017年6月 7日 (水)

熱中症対策のために汗をかける体づくりを!

みなさん、こんにちは!

日中の気温が上がってきましたね!

6月頃から熱中症になる人が増えてきます。気温がそんなに高くなくても、湿度が高いと起こりやすくなるので注意が必要です。

みなさん、「暑熱順化」という言葉を知っていますか?暑熱順化とは、体を徐々に暑さに順応させるという意味です。

春先から夏に向けて徐々に気温が上がっていきますね。昔は今のように冷房がなかったので自然に体は暑さに慣れていきました。

しかし、今は冷房がどこにもあって、建物の中は温度が一定になるようになっています。
運動習慣のない人や湯船に浸かって汗をかく習慣のない人は、汗をかく機会が少なく、体温調節がなかなか上手くいかず、熱が体にこもって、のぼせたり、熱中症で倒れてしまいます。

暑い外での運動や作業では水分と塩分の補給はもちろん大切ですが、一年を通じて、そして特に春先から夏にかけて、体温調節を上手にできるために汗をかける体づくりをして欲しいと思います。

そのためには、徐々に運動をしていく、湯船につかる、サウナにいくなど、汗腺を開く練習をするとよいです。今まで汗をかく習慣がなかった人は、急に激しい運動や無理にサウナに入ったりすると、熱が体にこもって熱中症になりますので、徐々に徐々に慣らしていってくださいね。

«酢ショウガ完全ガイド

Contact